注目を集める方法


フルート奏者のアナログモノクローム写真

前回、注目を集める人の共通点をのべました。

しかし、それは「長期的戦略」と言えるレベルでしたね。

それでは短期的に注目を集めるにはどうしたら良いのでしょう?


SNSの広告などで時々「メディアに取り上げてもらう」などの記事が目につきます。

テレビや雑誌などの公に広く伝わるマスメディアに取り上げてもらって一気に広めてしまおうと言う戦略ですね。これは効果ありそうです。



実際に私の知り合いにも「ぶらり旅」番組でレポーターがたまたまお店に立ち寄って。。。と言う実体験があり、その後は反響が凄かったと聞きました。


しかし、問題はそこから。その反響がごく一時的なのです。

何か面白そうな物を販売していたりすると「面白そう♪」と興味を惹きますが、同じようなことは次から次へと移り変わります。つまり、あまりにも回転が早いのです。


しかも昨今のテレビ離れは深刻です。それに変わってネット動画が台頭するのですが、それも一般の方の投稿がメディアに取り上げられる始末ですからね。そう言う現状ではよほどのことで無い限り、マスメディアに取り上げてもらっても「反響」は長続きはしないのかもしれません。



ただ、その中でも根強いファンが作られれば成功だと言えると思います。

そうすれば、今度はそのファンから情報が発信されますからね。



ご周知の通り、日本人は「横並び」が大好きですね。


「他の皆んながやっているから、やらないと!」


と、意味不明な焦りが行動を促す人もいるみたいです。


とあるお店に行列ができていると、そこが何のお店だかわからなくても「一体、何だ?」と興味を持つのも日本人の特徴でしょう。だから「サクラ」