撮影会で着るドレスは何色?

第1回 スタジオ撮影会 を開催するにあたり、今までの撮影会などで参加者からのご質問について記してみたいと思います。


「質問」というよりは「相談」と言った方が良いかもしれませんが、

何れにしても一番多いのが


「どんなドレスが良いでしょう?」


です。


ハッキリ言って、それは私には答えようがありません。

全てはあなたのイメージで決まるからです。


あなたが参加する撮影会の目的は何でしょうか?

撮影した写真の用途は何でしょうか?


SNS用プロフィール写真?

演奏会のフライヤー用?

Webサイト用?

単なる記念写真?


何れにしても、イメージがあると思います。


・柔らかい

・カッコいい

・独創的


などなど。


それによって身につけるドレスやアクセサリー、ヘアスタイルなどが決まるはずです。



まぁ、そうは言われてもなかなかイメージがまとまらない人もいます。

なので着替えを複数用意して撮影する方も多くいますね。


では、今回使用する「真っ白なスタジオ」ではどんな色が映えるのでしょう?


過去に撮影した写真で見てみます。






このサンプルは白い背景で撮影したピアニストの写真です。

黒いピアノと一緒に撮影しているのですが、ドレスの色を4つ表現してみました。


さて、あなたならどの色がシックリと来ますか?





次のサンプルは「白」と言うよりは少し「クリーム色」に近い壁の部屋で撮影しています。


元々、このフルート奏者の女性は淡い色のドレスを着て撮影に臨みました。

なので、同じような彩度にして色を3つ表現してみました。


さて、この場合ではどうでしょうか?



私個人としての意見では・・・


白い背景の場合は、やはり「原色」に近いような「派手な色」をオススメします。

その方がメリハリが効きますし、何より見る人の意識が違います。


鮮やかな色が目に飛び込んで来た時の「衝撃」はあなたも経験があると思います。

それがファースト・インプレッションです。





いかがでしょうか?


こうして見ると、色の違いで印象が変わることがわかりますよね?


あなたなら、どんな色を選びますか?



** 第1回 スタジオ撮影会を2月15日(土)に開催します!


まだまだ参加者を募集しております!


詳細は専用ページでご確認ください。


専用ページはこちら



あなたのご参加を心からお待ちしております!









3回の閲覧

© 2023 by Urban Artist. Proudly created with Wix.com