「自宅でプロフィール撮影」モニターレポート・1


自宅でプロフィール撮影・画像1

自宅で撮影するメリットを活かせた


「自宅でプロフィール撮影サービス」のモニターレポート第1弾はピアニストの女性宅での撮影模様です。


かつてピアノレッスンもされていたという彼女のご自宅のレッスン室にはグランドピアノが2台並列に置かれておりました。

確かに、レッスン室そのものは広い部屋でしたがピアノが2台、応接セット、PCなどが置かれており撮影できる空間は広いとは言えません。


しかし今回の撮影メリットの一つでもある「6畳間でも撮影できる」ということからもわかるように、ある程度の「隙間」があれば撮影は十分に可能です。


上の写真はそんなスペースで撮影しております。




画像2

また背景パネルの両面を使うことで背景を黒と白で撮影することも可能。

ライティングと背景の色で雰囲気もだいぶ変わります。




画像3


今回、彼女は3パターンの衣装で撮影しました。

自分の好きなタイミングで着替えることも可能ですし、最後にはラフなTシャツ姿でも撮影しております。


こうした自由度が「自宅で撮影できる」最大のメリットでもあります。




画像4

画像3と見比べてもらうとわかると思いますがピアノの方向が違います。

つまり、ピアノの左右両側から撮影しているのです。

それでも背景パネルを設置することで奥行きを感じさせず、背景の余計な物を全て取り除くことができるのです。




画像5


そして何と言っても、このサービスの最大のメリットは

「依頼者が出かけなくて済む」ということです。


この日はあいにくの雨模様。振り方は大したことはありませんでしたが、梅雨寒の気候でした。今回の彼女の衣装を考えればそれなりの荷物になります。


しかし自宅で撮影できるということは、出かけることが不要になるのです。


もう一度言います。


このサービスのメリットは


1:出かけることなく撮影ができる

2:衣装や着替えの自由がある

3:人目を気にすることなく楽しめる

4:緊張感の緩和



こうしたメリットが生まれます。


時間の経過と共に彼女も「ノッて」きて、かなり楽しんでおられた様子。

大胆なポーズにも笑って挑戦されています。



これが個人楽器(管弦楽器)であれば更に自由度は増します。





募集したモニターは予定の3件になりましたので一旦締め切ります。


ただし、できるだけ多種の楽器奏者を撮影したい気持ちもありますので、反応如何では更に追加で募集を掛けるかも知れません。

その際はまた改めてお知らせ致します。


今月から来月にかけて第2弾、3弾とレポートする予定です。

お楽しみに・・・







© 2023 by Urban Artist. Proudly created with Wix.com