アンティークカフェで宣材写真撮影:Flutist

アンティークカフェでシネマティックに表現する


以前に、撮影専用スタジオ以外にも色々なスペースで撮影できる話をしましたが、今回のスペースはアンティークカフェ。基本的には夜間営業のみのお店で空いている昼間をレンタルスペースとして貸し出しているお店です。


駅から近く、広さもあってとても良いスペースでした。

店内はアンティーク調の家具でまとめられていて雰囲気も良くイメージ通り。

今回はFlutistの宣材写真撮影にこのスペースを利用してみました。



基本はストロボライティングで背景も活かしながら…


道路に面しているお店でしたが周りも高いビルが多く日差しはありません。

撮影当日も雨でしたから初めから期待はしておりませんでした。

元々、ストロボライティングを駆使して撮影する予定でしたから問題はありません。

ただ、せっかくのお店の雰囲気を活かしたいので背景には神経を遣いました。


家具の彫刻を引き立たせるために敢えて真横からライティングして影を作ります。

背景の露出値は大きくなりますから被写体に当たるストロボ光は弱めに。

その設定にテストを繰り返しましたが、その甲斐あってご覧のカットに。