アウトドアで宣材写真撮影(2):Saxophonist

更新日:7月13日


■ やはり秋色はインパクトが大きい


日本は四季それぞれに美しい景色がありますね。

これは世界に誇れるものだと思っています。

その中でも私は「秋」が一番、日本の文化を象徴しているものだと思っています。

もちろん、個人の「好み」もあるし、春の桜も素晴らしいと思います。

ただ、写真を撮影する立場から「秋色」の使い方は本当に面白いのです。

色々な観点から見ても、やはり「秋色」のインパクトは他の季節に比べると圧倒的に大きいかと思います。

あなたはどの季節が好きですか?




■ 秋は「寂しさ」「楽しさ」両極を表現できる






秋は色々な捉え方ができる季節ですね。

「食欲」「スポーツ」「芸術」などの一般論的な捉え方もあれば

「哀愁」「もの悲しさ」「枯葉」などのアンニュイなイメージもあります。

どちらにしても、やはり背景に見えるのは「色」ではないでしょうか?


紅葉に代表される「鮮やかな赤や黄色」はその時、その人の心情によって色々な捉え方ができます。何れにしてもその心情を演出する上で格好の色なのです。


しかし、この写真のように秋のイメージは残しつつも敢えて彩度を低くして表現するのも面白いものです。




■ 今年の紅葉は期待できる!






秋までにはまだ時間が掛かりますが、それでも今年は紅葉の色づきに期待ができます。

後は台風の影響がありますが、それが少なければ見事な紅葉が期待できるはず。

春同様に、本当に美しいと思える秋は短いものですが、それを逃さずにあなたのイメージを最大限に演出してくれる「秋」を捕まえてみましょう。


観光名所でなくても紅葉が美しいロケーションはたくさんありますよ。




 


これからも色々なシチュエーションでの撮影会を企画して参ります。


私からの情報に意識を傾けて下さい!


あなたのご感想・理想・やってみたいことなどありましたら、どんどんコメント下さい!


あなたのご意見が今後のイベント企画に直結しますよ!





閲覧数:0回0件のコメント