2021秋・アーティストのイメージ写真撮影レポート(2)



身近な緑道でも撮影は可能


今回の依頼者は普段の撮影会にもご参加頂いているリピーター。

ヴォイストレーナーとして多くの生徒さんをご指導され、同時にご本人も弾き語りをされる歌手としてもご活躍されている。


前回、公開した記事を見て「キーボードとの撮影はイイかも♪」とヒントを得て彼女自身も同じスタイルで撮影に臨まれました。


最近のキーボードは本当にコンパクトで軽く出来ていますが、それでも持ち歩くには限界もあります。それなりのサイズにもなりますし、移動する際にも笠貼ります。

そこで彼女のリクエストでもあった「自然の中で撮影したい」と言うことも踏まえて、ご自宅からの徒歩圏内にある緑道での撮影となりました。


綺麗に整備された緑道でウォーキングされる方も多く池や東屋なども整備されて憩いの場にもなっている。


そんな緑道であっても今の季節は綺麗な日差しが届き、背景の緑がキラキラとする時間帯は全てのものが美しく映えます。そんな状況下ですから近所とはいえ、素敵な撮影が可能になります。






背景を生かした季節感たっぷりのイメージ写真


確かに季節は進みましたが、それでも晴れた日中は日差しも厳しく、体感としては「暑い」と言えます。ただ、木々の色は段々と秋色に変化しているのも事実で、そうした自然の色を背景に捉えて季節感たっぷりのイメージ写真を撮影することができるのです。


今回もストロボ1灯を使用して日中シンクロをしております。

彼女の背景から照らす太陽光が天然のリムライトになりますので彼女の姿が背景から綺麗に浮かび上がりますね。







秋の撮影は時間との勝負


秋の光は本当に美しいものですが、この時期の太陽の動きは本当に早く、影の位置がどんどんと移動します。秋の撮影は時間との勝負なのです。


上の写真はちょっとしたスペースに午後の光が当たり、綺麗な状況でしたが周りの木々の影がどんどんと迫ってきます。ワンカット撮影するごとに彼女にも移動してもらう…そんな状況でしたが手前の雑草をうまく利用して現像的なイメージ写真に仕上がりました。







デジタル写真ならではの編集で秋を誇張する



この緑道には色々な種類の木が生い茂っていますが、所々にメタセコイアの木がありました。この木は落葉樹で、紅葉すると本当に見事な「黄金色」になります。

しかし、今年は10月半ばまで夏日が続くような気候で冷え込みは少なく、紅葉の進行も遅れているのが現状です。この写真の背景に見えるメタセコイアも実際は緑色でした。


しかし、太陽の光は赤みを帯びた「秋色」ですから、強引に紅葉させても違和感はありません(多分…)。


これはデジタル写真ならではの恩恵でもあります。

もちろん、不自然になるようでは問題ですが先述の通り季節感を損なうことが無ければある程度の「編集・補正」はアリだと思っています。

如何でしょう?




 

これからはリアルに紅葉が進むと思います。

そうした美しい背景であなたのイメージ写真を撮影してみませんか?


キャンペーンは11月30日までです。

専用ページをご参照の上、お問い合わせ・ご依頼頂くと嬉しいです。

是非、ご検討ください。



専用ページはこちらから。











代表・カメラマン:とまるおさむ

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示