晩夏のアウトドアで宣材写真撮影:Saxophonist

更新日:7月16日

もの悲しさが入り混じる夏の終わり

夏の終わりってどうして物悲しいのでしょう?

小学生の頃、夏休みの終わりが近づいてくると妙に悲しくなりませんでしたか?

あの感覚を人間はずっと引きずっているのでしょうか?


まぁ、それはとにかく、実際に夏の夕暮れ時は暑さも和らいで涼しい風が吹き、ヒグラシの鳴き声を聞くと物思いにふけってしまいたくなる感覚になります。


昨今では季節が極端になり、春らしさと秋らしさが短くなりましたよね。9月末でも十分に夏の暑さはあるのですが、やはり太陽の光だったり、日の入り時間が早くなることで秋の存在を確実に感じます。


そんな中で宣材写真を撮影してみました。



ちょっと季節を先取り