Photoshopで合成写真を作る?



今回のサンプル写真は「合成写真」です。

左の写真がオリジナル。

右の写真は「降雪」を合成しました。


いかがでしょう?

不自然さはありませんよね。


実際、この写真を撮影した日は雨ではありましたが、雪が降ってもおかしくない寒さでした。なので空気感や彼女の服装も「そのもの」です。


こうした「合成写真」は本当に便利です。


もし、あなたのイメージの中に「雨」や「雪」があったとして、

実際に撮影するのは色々と難しいですよね。

まずは理想の天気になるのか?と言うこともありますし。。。


そうした時に、こうした「合成写真」はとても便利です。

今では「クロマキー合成」と言って、緑色の背景で撮影した画像や動画に

自由な背景を合成することが容易にできます。






このサンプルは別の背景を合成しています。

元々、白いホリゾントスタジオ で撮影した写真に、丸ボケの背景を合成しました。


ちょっとメルヘンチックですね。

もちろん、現実的ではありませんが「表現」として有効だと思います。




今度は「非現実的」な合成写真を紹介します。


まず、元になる写真がこのピアニストの写真。

白い背景で撮影していますが、ライティングによって夜のイメージです。





合成する「背景」はこの夜景の写真です。






合成した写真がこれになります。


以外に違和感が無いと思いませんか?


こんな合成写真もできてしまうのが、今のデジタル画像です。


前回も述べましたが、これはこれで「表現」として有効です。

季節を変えたり、天候を変えて季節感を増幅したりすることが可能なのです。


もし、あなたのイメージが明確であるならば、こうした合成写真はとても有効になるはずです。あなたも積極的に合成写真を活用してみてはいかがでしょうか?





第1回 スタジオ撮影会を2月15日(土)に開催します!


真っ白いスタジオでの撮影会となります。


詳細については専用ページをご確認下さい。


専用ページはこちら






© 2023 by Urban Artist. Proudly created with Wix.com