スタジオのテストを兼ねた撮影会:Saxophonist

更新日:7月8日

スタジオを見極めるテスト撮影は必須

アーティストから撮影依頼を受ける際に色々なイメージ、コンセプトを綿密に打ち合わせしますが、演奏形態や楽器、ジャンルによって様々なご要望を頂きます。

それらのイメージにできる限り近づけていくには、こちら側としても「引き出し」を一つでも多く持っていることが大切です。


そのためには屋外で撮影する際のロケーションの下見(ロケハン)はとても重要ですが、スタジオ撮影においても同様に、どんなスタジオが何処に、どれだけの設備、金額で提供されているか?を探すのもとても重要です。


そこで私は年に数回はスタジオを見極めるための「テスト撮影」を行なっています。

今回は、そんなテスト撮影の一コマを紹介致します。



撮影専用スタジオ以外にも多彩になった現状


3年前に発生した新型コロナウィルスの影響でホームワークが主流になったりして働く形態がだいぶ変化しました。それを見込んだサービスも多く生まれましたよね。

空いている部屋や倉庫、ちょっとしたスペースなどを有効活用してもらおうというサービスは以前からありましたが、ここ数年でそれも変化しました。「リモートワーク用」という新ジャンルが生まれたのです。


また出かけられない状況もあって、スタジオ(個室)での撮影会も変化してきました。

専門的でなくてもちょっとした機材を常設した簡易スタジオがとても流行っています。

若い人達がインスタ映えする写真や動画を撮影することを目的としたもの、YouTuberがいつもとは違った環境で撮影したいという願望で使用する部屋なども人気です。


こうしたレンタルスペースが増えて、レンタルする方(オーナー)も対象を広げようと色々と工夫したりサービスを展開しています。


こうしたスペースは我々カメラマンにとっても有効で、しかも専用スタジオよりもレンタル料金が格安ということもあって私も利用しています。

そんなスペースがネット上には溢れているのですが、そのどれもが理想的か?と言えばそれは確認するしかありません。そこでテスト撮影が必要になるのです。